• サイトマップ

古典籍・書画・文房四宝・古美術 玄海樓

商品検索

ジャンル
キーワード

北浜ナビ

 

江戸時代初期から商業経済中心地帯として発展した大阪・北浜。
今なお、その面影を残しながら繁栄している北浜の街を御紹介致します。

大阪市中央公会堂

大阪市中央公会堂

大阪市中央公会堂

大阪市中央公会堂(おおさかしちゅうおうこうかいどう)は、大阪市北区中之島にある集会施設。

大阪市中央公会堂(旧中之島公会堂)は、1911年(明治44年)、株式仲買人である岩本栄之助が当時の100万円を寄付して建設計画が始まった。

北浜の風雲児と呼ばれた相場師・岩本栄之助は渋沢栄一が団長となった1909年(明治42年)の渡米実業団に参加し、アメリカ大都市の公共施設の立派さや富豪たちによる慈善事業・寄付の習慣に強い印象を受けた。

彼は父の遺産と私財をあわせた100万円を公共施設建設に寄付することを決め、蔵屋敷の廃止後衰退し再生を模索していた中之島に公会堂を建設することにした。

設計は、懸賞付き建築設計競技(最終的に13名が参加)により岡田信一郎案が1位となり、岡田の原案に基づいて、辰野金吾・片岡安が実施設計を行った。

1913年(大正2年)6月に着工、1918年(大正7年)11月17日にオープン。
岩本栄之助は第一次大戦による相場の変動で大きな損失を出し、公会堂の完成を見ないまま1916年(大正5年)に自殺した。

建物は鉄骨煉瓦造地上3階・地下1階建て。
意匠はネオ・ルネッサンス様式を基調としつつ、バロック的な壮大さを持ち、細部にはセセッションを取り入れており、アーチ状の屋根と、松岡壽によって天地開闢が描かれた特別室の天井画・壁画が特徴となっている。

各種の講演、会合などが催され、大阪市民に親しまれてきた。
ロシア歌劇団の公演、ヘレン・ケラーやガガーリンの講演会が行われた事もある。

大阪市中央公会堂は、日本有数の公会堂建築であり、外観、内装ともに意匠の完成度が高く、日本の近代建築史上重要なものとして2002年(平成14年)12月26日、国の重要文化財に指定されている。

老朽化が進んだため、1999年(平成11年)3月から2002年(平成14年)9月末まで保存・再生工事が行われ同年11月にリニューアルオープン。
耐震補強、免震レトロフィットやバリアフリー化がなされ、ライトアップもされるようになった。

リニューアル後も、内装の一部に旧館の遺構をはめ窓のようにしてみせるなど、歴史に敬意を払った工夫が凝らされている。

また、周辺道路と敷地を隔てる境界にも、遺構が利用されている。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大阪市立東洋陶磁美術館

大阪市立東洋陶磁美術館

大阪市立東洋陶磁美術館

大阪市立東洋陶磁美術館(おおさかしりつとうようとうじびじゅつかん)は、大阪府大阪市北区中之島一丁目にある美術館。

住友グループから寄贈された安宅コレクションと呼ばれる東洋陶磁コレクションを核として1982年に設立。

高麗・李氏朝鮮時代の朝鮮陶磁、中国陶磁を中心に、国宝 2件、国の重要文化財 13件を含む約2000点が収蔵されている。

この珠玉のコレクションは1977年(昭和52年)に経営破綻した大手総合商社安宅産業株式会社および創業家二代目の安宅英一会長が収集したものであった。

安宅英一は社業の傍ら東洋陶磁のコレクション形成に心血を注ぎ、日本中の収集家のコレクションがここに次々と合流していた(いわゆる「安宅コレクション」)。

安宅産業経営破綻後、その所有を住友銀行(現三井住友銀行)が引き継ぎ、体系的で貴重なコレクションの散逸を惜しむ各方面の意見により、住友銀行を中心とした住友グループ各社の協力のもと、965件、約1000点が大阪市に一括寄付されることとなった。

1982年に美術館の開館とともに一般に公開された後、さらに多くのコレクターからの寄贈を受け、特に1999年には在日韓国人実業家・李秉昌からの寄贈で朝鮮陶磁のコレクションに厚みが増している。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
難波橋(ライオン橋)

難波橋(ライオン橋)

難波橋南詰 高欄の獅子 阿形像

難波橋(なにわばし)は、大阪市の旧淀川に架かる橋。浪速の名橋50選選定橋。大阪弁では「ナンニャバシ」と発音する。

大阪市中央区北浜~北区西天満の堺筋にかかる、全長189.7m、幅21.8mの橋である。
途中の中之島を挟み、土佐堀川と堂島川の2つの川を渡る。

江戸時代には天神橋、天満橋と共に浪花三大橋と呼ばれ、表記は「浪華橋」が一般的であった。

堺筋の西隣にある難波橋筋に架かっており、橋の長さが108間(約207m)もの大型の反り橋だったという。

1661年(寛文元年)天神橋とともに公儀橋とされた。
1912年(明治45年)、大阪市電堺筋線の北浜以北への延伸に伴い、現在の場所に架け替えられた。

橋の南詰めおよび北詰めには、天岡均一作のライオンの石像が左右両側にあるため、「ライオン橋」とも呼ばれている。

このライオン像は左側が口を開く阿形像、右側が口を閉じる吽形像となっており、文字通り狛犬の片方である獅子=ライオンであると言える。

このライオン像は京阪中之島線の開通告知CMに使用された。

中之島水上公園計画の一環として設計された事により、石橋風の外観、公園と一体となった階段、高欄の獅子像、親柱にはペディメントやメダリオンをあしらい、市章である「みおつくし」をアレンジした意匠が親柱や欄干に模られている。

1975年には3年間に及ぶ補修工事により戦時中に金属供出で失われた欄干や橋上灯が復元され、近代大阪を彩った美しい外観を保っている。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大阪証券取引所

大阪証券取引所

大阪証券取引所

株式会社大阪証券取引所(おおさかしょうけんとりひきじょ、Osaka Securities Exchange Co., Ltd.)は大阪府大阪市中央区北浜にある日本の金融商品取引所である。

東京証券取引所、名古屋証券取引所と共に、日本の「三市場」の一つ。

略称は大証(だいしょう)。俗称は北浜。

市場第一部・市場第二部・新興企業向けのヘラクレス・日経225先物市場などがある。

諸藩の蔵屋敷があった江戸時代の大坂の米穀取引所を起源に、五代友厚らが発起人となって設立された大阪株式取引所が前身である。

なお、堂島米会所で行われた帳簿上の差金の授受によって決済を行う「帳合米取引」が、世界で最初の商品先物取引と言われる。
この伝統から、大証は指数先物・オプション市場において重要な地位にあると言える。

具体的には、日経225先物等、大証の株価指数先物の日本における取引シェアは約60%を占め、同オプション取引においてはほぼ100%を占めている。

株券オプションにおいても、約85%のシェアを誇っている。またデリバティブ取引の売買高ランキング(2007年)では大証は世界22位であり、30位の東京工業品取引所や33位の東京金融取引所、36位の東京証券取引所などを抜いて日本では最も上位にある。

大阪証券取引所前 五代友厚像

上場投資信託(ETF)の上場にも意欲的で、日本で始めて株式以外の商品を対象にした金ETFを、2007年8月10日に上場し、同年10月23日には、上海証券取引所に上場している主要50銘柄の株価で算出する上証50指数に連動する海外株価指数連動型ETFを上場した。
海外の株価指数に連動するETFの日本国内上場はこの例が最初となる。

大阪証券取引所自身が株式をニッポン・ニュー・マーケット-ヘラクレスに上場している(証券コード:8697)。

システム障害や災害等の対応策として、2008年春に兵庫県中部にデリバティブ取引の売買システムのバックアップ施設を設置した。

また、現物株の売買システムについては、ジャスダック取引所と提携し、どちらかのシステムが稼働不能になった場合、相手方のシステムで取引を執行させる体制を引いた。

一方、ジャスダック取引所の大株主である日本証券業協会は、証券取引所の再編の一環として、経営体力の低下したジャスダック取引所を、売買システムのバックアップ体制で提携関係にある大証と経営統合させることを検討している。
ジャスダック取引所を大証の子会社化し、ジャスダック取引所のシステムを大証のシステムに一本化することで、ジャスダック取引所の経営を改善しようというものである。

大証とジャスダック取引所とでシステムの一本化と経営統合に関する条件が固まり次第、平成22年までにジャスダック取引所を完全子会社化する予定である。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
緒方洪庵旧宅及び適塾

緒方洪庵旧宅及び適塾

緒方洪庵旧宅及び適塾

適塾(てきじゅく)とは、蘭学者・医者として知られる
緒方洪庵が江戸時代後期に大坂・船場に開いた蘭学の私塾。

正式には適々斎塾という。また、適々塾とも称される。
緒方洪庵の号である「適々斎」が名の由来。

幕末から明治維新にかけて活躍した人材を多く輩出し、現在の大阪大学の源流の1つとなっている。

[歴史]

1838年(天保9年) 洪庵が瓦町に蘭学塾を開く。
1845年(弘化2年) 過書町(現在の大阪市中央区北浜3丁目)の商家を購入し移転。
1846年(弘化3年) 大村益次郎が入門。
1855年(安政2年) 福澤諭吉が入門。
1862年(文久2年) 洪庵が江戸幕府奥医師および西洋学問所頭取となり、江戸に移住。塾生の教育には緒方拙斎(養子)が当たった。
1863年(文久3年) 洪庵が江戸で客死。
1868年(明治元年) 適塾閉鎖。

1869年(明治2年)、後藤象二郎大阪府知事の命により、
浪華仮病院(天王寺区上本町に在る大福寺)および仮医学校が設立される。
院長は緒方惟準(洪庵の次男)、主席教授としてオランダ軍医ボードウィンを招き大福寺の施設の提供を受けて、
一般の病気治療と医師に対する新治術伝習のために開かれた。
半年で鈴木町代官所跡(現大阪医療センター付近)に移転した。
緒方惟準、緒方郁蔵(義弟)、緒方拙斎らがこれに参加。
浪華仮病院および仮医学校は、改組・改称を経て現在の大阪大学医学部となっている。
緒方家と大阪大学医学部とは深い繋がりがある。

1901年(明治34年) 「洪庵文庫」が門弟らにより設立される。
1915年(大正4年)~1920年(大正9年) 道路の拡張のため、建物の北側が2mほど軒切りされた。
1940年(昭和15年) 建物が大阪府の史跡に指定。
1941年(昭和16年) 建物が国の史跡に指定。
1942年(昭和17年) 建物が緒方家から大阪帝国大学に寄贈
1952年(昭和27年) 適塾記念会創立。
1964年(昭和39年) 建物が国の重要文化財に指定。
1972年(昭和47年) 大阪大学・適塾管理運営委員会が発足。
1976年(昭和51年)~1980年(昭和55年) 文化庁により建物が解体修理された。
1980年(昭和55年) 一般公開開始。
1981年(昭和56年) 適塾周辺史跡公園化事業により東側隣接地に公園が完成。
1986年(昭和61年) 西側隣接地に公園(公開空地)が完成。

[門下生]

適塾 碑

門下生の自筆による姓名録が残っており、1844年から1862年までの636名の姓名・入門年・出身地が記載されている。
現在の都道府県で出身地を分けると、山口県が56名で最も多く、洪庵の出身地の岡山県が46名で2番目。
その他、大阪府は19名、鹿児島県は7名となっている。
また、青森県と沖縄県を除いて、北は北海道から南は鹿児島県まで全国から入門している。

主な門下生

石阪惟寛(陸軍軍医総監)
大鳥圭介(蝦夷共和国の陸軍奉行)
大村益次郎(「村田良庵」と言う名で入塾。日本近代陸軍を創設)
佐野常民(日本赤十字社初代総裁)
高松凌雲(箱館戦争の際の賊軍の病院長)
武田斐三郎
手塚良仙(漫画家・手塚治虫の曽祖父)
長与専斎
橋本左内
福沢諭吉(慶應義塾大学を創設)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大阪美術倶楽部 大阪美術商協同組合

大阪美術倶楽部 大阪美術商協同組合

大阪美術倶楽部 大阪美術商協同組合

[歴史]

1910年(明治43年) 東区唐物町1丁目大阪商盛組合内に於いて同組合有志者が発起人となり、株式会社大阪美術倶楽部が創立した。
1911年(明治44年) 東区淡路町4丁目に約600坪の土地を購入し、同年12月工を起し約1年有余の日月を閲して、純日本式2階建家屋約350坪施工した。
創立以来当倶楽部の事業は専ら会場を貸与するのみで、書画骨董類の入札会及び交換会は組合の主催であったが、大正7年に至り入札会に限り会社の直営とした。
1928年(昭和3年) 都市計画事業の開始により、敷地の幾部を買収されるに至り止むを得ず建造物の一部を毀ち、一大改修を行い、昭和4年10月改修工事完成し社屋の面目一新した。
1935年(昭和10年) 創立25周年記念事業として、蒐集の大を以て世に聞えた鴻池、根津、大原、御三家の貴宝名什を一堂に展列し祝賀茶会を催した。
1937年(昭和12年) 北支事件の勃発に伴い、同年8月貴石貴金属製品等所謂奢侈品に対して、北支事件特別税法が公布され、
更に同13年4月支那事変特別税法が施行され入札交換会に大きな打撃を受けた。
1940年(昭和15年) 奢侈品等製造販売制限令(七、七禁令)が発布され金属製美術品の販売が極めて困難となった。
1942年(昭和17年) 五都美術倶楽部の申合せにより商号を株式会社大阪美術会館と変更した。
大阪古美術報国会を結成し古美術による国威発揚に尽力した。
1943年(昭和18年) 戦時財政の膨張に伴い物品税が大幅に増徴され全く禁止的課税となり入札会等は催されなくなった。
1945年(昭和20年) 空襲で創立以来全国的な美術品の交易市場として、将又展覧会場として美術文化財の保護保存と興隆に貢献し、
幾多の先輩が困難を克服し死守して来た豪華優雅な美術の殿堂は一朝にして灰燼に帰した。
1946年(昭和21年) 旧商号大阪美術倶楽部に改称した。
1947年(昭和22年) 美術界に由緒ある鴻池男爵家本邸である現在の東区今橋2丁目の土地家屋を購入し、同時に淡路町4丁目の羅災地を譲渡した。
1948年(昭和23年) 新社屋移転祝賀茶会を催した。
1951年(昭和26年) 戦後はじめて入札会を催したところ、江湖美術愛好家の好評を博す爾来年四回定期入札会を催し逐年盛況を見る。
1958年(昭和33年) 急速なる文化の向上に伴う自家用車の普及に鑑み、副業としてモータープールを企劃約40坪のパイプハウス式モータープール場を建設、更に翌34年10月鉄骨組立約160坪を増築し事業大いに殷賑す。

大阪美術倶楽部 大阪美術商協同組合

1960年(昭和35年) 創立50周年記念名宝展並びに記念茶会開催。
国宝8点、重要文化財16点、重要美術品9点を含む名品124点を展列し祝賀茶会を開催した。
1965年(昭和40年) 木造一部を取り壊し地上3階、地下1階延350坪の鉄筋新社屋を新築し事業を拡大する。
1980年(昭和55年) 鉄筋4階建て延470坪のビルを増築し、美術品の取引市場並びに本格的な貸し会場として事業を拡大する。
1998年(平成10年) 創立90周年記念事業として、大阪物故日本画家回顧展を開催する。
2000年(平成12年) 第1回大美特別展を大阪美術商協同組合と協同で開催。以後3年に一度開催する。
2007年(平成19年) 昭和22年より使用してきた鴻池男爵家本邸を建替し、地上3階建ての新館が完成。

[鴻池家]

鴻池家は尼子氏の家臣山中鹿之介幸盛を遠租とし、その次男幸元(通称新右衛門、新六)を始祖としている。
1578年(天正6年)幸元は遠縁を頼って摂津・川辺郡鴻池村(現・伊丹市)に住みつき、酒造りを始めた。
1600年(慶長5年)に双白澄酒(清酒)の製法を初めて発見したが、これは、下男が叱られた腹いせに濁酒のなかに灰汁を投込み、偶然に生まれたのが最初だという。
また、清酒の江戸送りの成功により、海運業にも乗り出し、鴻池家繁栄の基礎を築いたといわれる。
後の鴻池財閥につながる大阪・今橋の鴻池家は、幸元の八男、善右衛門(山中正成)が初代当主で、三代目の善右衛門(山中宗利)のときに飛躍をとげ、現在の東大阪市鴻池新田の開発・経営も手がけている。
この頃から、鴻池家は初期の酒造・海運業・商品取引から大名貸を中心とする両替業を専業とするようになり、ますます身代を大きくし、大坂隋一の両替商となった。

出典:『大阪美術倶楽部』『大阪人物辞典』
少彦名神社

少彦名神社

少彦名神社

少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)は、大阪市中央区道修町(どしょうまち)にある神社。

別称として、道修町の神農(しんのう)さん、神農さん。

祭神は薬・医療・温泉・国土開発・醸造・交易の神であるが、
少彦名神社では、薬の神として健康増進、交易の神として商売繁盛の御神徳があるとされている。

薬にゆかりのある祭神を祀っていることから、
医薬業に携わる会社・関係者などの信仰を集めている。

また、病気平癒・健康祈願や医薬業関連の資格試験合格を願う参詣者も多い。

1780年(安永9)10月、薬種中買仲間の団体組織である伊勢講が、薬の安全と薬業の繁栄を願うために、
京都の五條天神宮(現在の五條天神社)より少名彦命の分霊を道修町にあった仲間会所(現在の少名彦神社所在地)に勧請し、すでに仲間会所に祀ってあった神農氏とともに祀ったことを起源とする。

1837年(天保8)、大塩平八郎の乱で仲間会所が焼失したため、1837年(天保11年)、仲間会所内に祠堂を設けて祭神を遷座した。

1906年(明治39)、大阪府より、近隣の神社に祭神を合祀するか、独立した神社として継続させるかの判断を求める旨の訓令を受け、独立した神社として祭神を護持していくことに決した。
そのときに境内地の拡充、社殿・社務所を新築し、1910年(明治43)、正遷宮を斎行するに至った。

1980年(昭和55)10月、「少彦名神社 鎮座200年」を記念して拝殿・本殿を修復、社務所を新築し、11月22日に「二百年祭」を斎行した。
これを契機に、10年に一度、式年大祭を行うことになった。

2007年(平成19年)4月、薬祖講の行事(神農祭・冬至祭)が、大阪市無形文化財(民俗行事)に指定された。
薬祖講とは、少彦名神社を崇敬護持することを目的とした団体。
主な活動しては、神事・祭礼が円滑に運ぶように支援する。

[神農]

神農(しんのう)は古代中国の伝説に登場する皇帝。
三皇五帝の三皇の一人。

百草を嘗めて効能を確かめ、諸人に医療と農耕の術を教えたという。
農業と薬において甚大な貢献をしたため、中国では"神農大帝"と尊称されていて、医薬と農業を司る神とされている。

神農は紀元前2740年ころの古代中国の王で、120歳まで生きたといわれている。
世界最古の本草書「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」に名を残している。

伝説によれば、神農の体は脳と四肢を除き透明で、内臓が外からはっきりと見えたと言う。
神農は百草を嘗めて、毒か薬かを調べ、毒があれば内臓が黒くなり、これで毒の有無および影響を与える部位を見極めたという。

その後、あまりに多くの毒草を服用したために、体に毒素が溜まり、そのせいで最終的に亡くなったという。

神農氏は中国における始めての部落連盟の名前ともなり、その首領は"炎帝"と呼ばれた。神農部族の最後の炎帝は黄帝と連合し、華夏族(漢族の主体)を成した。

薬祖神社 (堺市戎之町)堺天神菅原神社の摂社として少彦名命とともに祀られ毎年11月23日に「薬祖祭」が斎行される。

少彦名神社(大阪市中央区)には少彦名命とともに奉られ、毎年11月22日・23日に「神農祭」が行われる。

神農はまた「神農皇帝」の名称で的屋の守護神として崇敬されており、儀式では祭壇中央に掛け軸が祀られるほか、博徒の「任侠道」に相当するモラルを「神農道」と称する。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

御支払方法について 詳細へ

クレジットカード決済
クレジットカード決済
※3Dセキュア認証支援サービス
3Dセキュア認証支援サービス
銀行振込
お振込みの節は入金先を御一報賜りますようお願い申し上げます。
御来店または現金書留送付
※尚、商品価格は消費税込価格となっております。

商品のお届けについて 詳細へ

商品の発送は御入金確認後にさせて戴きますので御了承下さい。

送料について 詳細へ

全品送料無料
商品の梱包、送料はすべて当方が負担致します。

返品について 詳細へ

万一返品の場合、商品到着後一週間以内に当店まで御返送願います。
お客様の御指定で返金致します。
但し、返品における送料はお客様にて実費負担して戴きますので御了承ください。

店舗紹介 詳細へ

〒541-0041
大阪市中央区北浜2-4-13
北浜2丁目ビル


TEL:06-4706-7371
FAX:06-4706-7372
E-Mail:mail-to@genkairo.com

古典籍・書画・
文房四宝・古美術 玄海樓

大阪府公安委員会許可 美術品商
第621191001515号 店主 野元 淳

営業時間について 詳細へ

AM 11:00~PM 6:00 ※要 事前連絡

定休日について 詳細へ

不定休(事前アポの上、土日、祝日開店可)
※詳しくはスケジュールをご覧下さい。

SSL電子証明書


SSLとは
当サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。